部分的に矯正する

自分の歯並びを見て矯正をしたいと思ったことはありませんか。 歯並びをよくすると口元が変わり笑顔に自信をもつことができます。それだけではなく、きちんと噛んで食べることが出来るようになるなことが矯正の最大の目的といえます。 しかし、気になるのが前歯の歯並びだけなので、前歯だけの部分矯正をすることができます。 全体矯正するのとは違い、前歯だけにブラケットを取り付けるので、4個から6個つけるだけになります。 費用も、全体矯正をするよりもずっと格安で矯正することが出来るのです。 矯正の期間も、一年以内に終了することから部分矯正をしたいと希望する人が増えているのです。 歯の状態によっては、歯科医から全体矯正のほうが望ましいと言われる場合もあります。

部分矯正をする場合のメリットは、なんといっても治療費が安く、治療期間も短いことがあげられます。 部分矯正は前歯だけが気になる人、出っ歯の人、八重歯の人におすすめです。または、仕事が忙しく治療になかなか来れない人にも向いているといえます。 治療費を抑えたい人や早く矯正したい人には、特におすすめといえます。 しかし、デメリットもあるのです。 まずは、全体矯正よりも矯正の仕上がりが悪くなってしまう場合があります。また、出っ歯は全体矯正のほうが向いているのです。 部分矯正をする場合は、歯科医に相談して決めることになりますが、奥歯の噛みあわせが悪いと部分矯正だけでは難しいと言われてしまうことになるでしょう。 歯の噛みあわせを考慮しないと出来ないものなのです。 全体矯正にするか、部分矯正にするかは相談して納得した上で始めたほうがいいのです。