歯を矯正する

部分矯正は、歯の全体を矯正するのではなく歯の一部分を矯正するものです。多くの場合、矯正したい部分に矯正器具をつけて治療します。矯正器具にはワイヤーが仕込まれていて、ワイヤーの力で継続的に引っ張り続けることで歯の位置を動かすのです。 部分矯正のメリットとしては、治療期間が短くて済むこと、治療費が少なくて済むことが挙げられます。歯の全体を矯正するとなると、治療する部位が増えるため必然的に治療期間も長くなります。それに、治療に使う器具も増えるため費用も多くかかってしまうのです。 全体を矯正する必要はないが、部分的に矯正したい場所がある人にとっては、部分矯正はうってつけです。少ない負担で満足できる歯を得られるからです。

部分矯正はマウスピースを使って行う方法もあります。 矯正器具で引っ張り続けることで歯を矯正する方法は、効果的かつ痛みの少ない方法です。その一方、矯正器具が人目についてしまったり、食事や歯磨きがしにくくなるのが気になる場合もあります。そんな悩みを解決できるのが、マウスピースを使った矯正なのです。 マウスピースは矯正器具と同じように、基本的にはずっとつけ続けることになります。マウスピースをつけた状態でも、会話や食事、歯磨きなどは普通に行えるので心配はいりません。矯正器具を使うよりも歯を引っ張る力は弱めなので、治療期間はやや長めになります。しかし、目立たたずに矯正できるので、矯正器具をつけるのに抵抗がある人にはお勧めできる方法です。